水回りの修理


いくら掃除をしても、それとは別に水回りトラブルは突然やってきます。水漏れやつまりなどは昼夜問わず、つい慌ててしまいますが、止水栓の場所さえわかっていれば、まずはとりあえず水を止めてひと息つけます。 そのあと落ち着いて故障している原因を見つけて対処しましょう。 状況によっては、トイレつまりなど水回り専門の修理業者に依頼しなければならないものと、自分で修理できるものもあります。トイレの止水栓は、水をためるタンクから壁に伸びている給水管の壁付近にあるマイナスのネジのようなものです。これをコインがマイナスドライバーで右に回すと水が止まります。

水漏れの場合、トイレタンク内のパッキンが壊れているのが原因の事が多いようです。排水管がつまっている場所はパイプクリーナーで取り除きましょう。 その他、自分で修理するのが怖いと思う人はプロに電話していて見てもらいましょう。キッチンや洗面所の止水栓は、シンクの下の扉を開けるとあります。 やはりマイナスネジのようなものが止水栓です。うまく回せなかったりした時は家全体の水道の元栓を締めます。お風呂場の止水栓は、蛇口の壁あたりに同じようなマイナスネジのようなものがあり、右に回すと止められます。以上のようにパッキンなどであれば自分で水を止めて修理することができます。

原因がわからないからとそのままにしておくと 水道料金が加算されたり、他の部分に負荷が加わって余計な出費になったりしますので、わからないようであれば、近くの水道局に相談して工事業者を紹介してもらうのも手です。あまりに水漏れがあり、水道料金が高額になった時には、指定の工事業者で修理して管轄の水道局に申請すると、少し戻ってくることもあるようです。このように、水回りは、ちょっとした事を覚えておくと、いざというときに役に立ちます。

週一度の掃除


電気はブラシで週1度ぐらいのペースでブラシがけをして下さい。今週は少し汚れているなというときには、汚れた部分にトイレ用洗剤をかけ、トイレットペーパーで覆い10分位してからブラシがけをしてみましょう。それでも落ちない場合は、耐水ペーパー1000番位で軽くこすってみてください。天井、壁、床は汚れたなと思う時だけでも、雑巾などに洗剤をつけ拭き掃除をしてください。洗剤が強いかなと思うときには、雑巾を濡らして洗剤をつけてみて下さい。

タンクや水受けは、輪染み汚れが気になったら、洗剤を少しかけてティッシュで覆い、1時間位置いてからこすり洗いをします。それでも取れないようなら、耐水ペーパーでこすってみてください。また、キッチンの場合、毎日のひと手間掃除でかなりきれいだと思いますが、週に一度は食器用中性洗剤で良いので、スポンジ洗いを。それでも気になる時にはクリームクレンザーを使ってみてください。お風呂場週に一度はお風呂場用の中性洗剤で洗います。

黒カビが出た時には、塩素系洗剤を吹きつけて食器用ラップで半日ほど密閉します。この時、換気をしっかりして塩素中毒を起こさないように注意してください。半日位たったら、シャワーで流すときれいになります。最後に洗面所は、クリームクレンザーでスポンジ洗いします。蛇口などに水アカがついた場合には弱酸性洗剤をスプレーした後にティッシュで覆い、後ほど歯ブラシなどで擦り洗いしてください。これで、たいぶキレイになります。

水回り掃除ひと手間


お家のトイレ、キッチン、お風呂場そして洗面所。水回りにはなにかとトラブルが起こりがちです。そのトラブの原因が汚れということも珍しくありません。水アカだけでなく、カビや髪の毛などの様々な汚れを抑えてトラブルの少ない水回りで気持ちよくすごしましょう 。ここではキレイを保つためのお掃除やちょっとした毎日のコツをご紹介します。毎日、使った時に少し手間かけるということを心がけましょう。汚れてからの掃除は、なかなか落ちずに大変なこともあります。では、毎日使う場所をどのようにひと手間かけると良いのでしょうか。

大原則は「使ったら、水分を拭き取る」 と言うことです。水分は水アカ、カビ 、その他雑菌の増える最大の要素になります。まずは、これをやるだけで大幅にキレイを保てるはずです。その他の毎日のひと手間を紹介します。1)トイレ1日に1回、汚れていないな と思っても、使った後に洗剤なしで良いのでブラシで便器を洗います。 手洗い部分は、いらないタオルなどで拭いておきましょう。2)キッチン毎日料理した時に出る野菜くずで、シンク内を磨く。ミカンの皮は油汚れや匂いを取りますし、じゃがいもの皮は界面活性剤の働きがあるので、シンクの曇りが取れてピカピカになります。

また、りんごの皮で蛇口をこすると曇りやぬるぬるが簡単に取れます。 シンクに水アカがついてしまったら、水で濡らして固く絞ったジーンズ生地でゴシゴシするとキレイになります。3)お風呂場使い終わったら、全体に水のシャワーをかけてお風呂場の温度を下げます。そして、タオルなどで水分を拭き取ります。換気扇をかけ、窓を開けます。マンションなど窓がないをお家はお風呂場のドアをあけて、とにかく湿気を逃がしておくとカビ防止になります。4)洗面所ニオイの原因にもなりますので、排水溝にたまる髪の毛やゴミを取り除きます。