水回りの修理


いくら掃除をしても、それとは別に水回りトラブルは突然やってきます。水漏れやつまりなどは昼夜問わず、つい慌ててしまいますが、止水栓の場所さえわかっていれば、まずはとりあえず水を止めてひと息つけます。 そのあと落ち着いて故障している原因を見つけて対処しましょう。 状況によっては、トイレつまりなど水回り専門の修理業者に依頼しなければならないものと、自分で修理できるものもあります。トイレの止水栓は、水をためるタンクから壁に伸びている給水管の壁付近にあるマイナスのネジのようなものです。これをコインがマイナスドライバーで右に回すと水が止まります。

水漏れの場合、トイレタンク内のパッキンが壊れているのが原因の事が多いようです。排水管がつまっている場所はパイプクリーナーで取り除きましょう。 その他、自分で修理するのが怖いと思う人はプロに電話していて見てもらいましょう。キッチンや洗面所の止水栓は、シンクの下の扉を開けるとあります。 やはりマイナスネジのようなものが止水栓です。うまく回せなかったりした時は家全体の水道の元栓を締めます。お風呂場の止水栓は、蛇口の壁あたりに同じようなマイナスネジのようなものがあり、右に回すと止められます。以上のようにパッキンなどであれば自分で水を止めて修理することができます。

原因がわからないからとそのままにしておくと 水道料金が加算されたり、他の部分に負荷が加わって余計な出費になったりしますので、わからないようであれば、近くの水道局に相談して工事業者を紹介してもらうのも手です。あまりに水漏れがあり、水道料金が高額になった時には、指定の工事業者で修理して管轄の水道局に申請すると、少し戻ってくることもあるようです。このように、水回りは、ちょっとした事を覚えておくと、いざというときに役に立ちます。